Entries

▼ 73. 【 エルサレム ・・・ 聖歌 】   メリー・ホプキン

Jerusalem  エルサレム     
   作詞: William Blake  ウィリアム・ブレイク  プロフィール
   作曲: Charles Hubert Parry チャールズ・ヒューバート・パリー  プロフィール


   歌: Mary Hopkin  メリー・ホプキン 1989年 (39歳)  プロフィール



   ボーカル: Graham Seaman  (Liverpool, UK)
   キーボード: David Presley (Florida, USA)
   ギター: Mark Estes  (Pennsylvania, USA)
   パーカッション: Mark DeGregory  (New Jersey, USA)



                美しい映像


 訳詩は、1行ごとの意訳になっています。
   個々の英単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


【【【【 歌 詞 】】】】

Jerusalem                 エルサレム  (訳詞: ゆうこ )

And did those feet in ancient time,       その昔、かの おみ足が
Walk upon Englands mountains green:   イングランドの 緑の山々を 歩まれたのか。
And was the holy Lamb of God,         神の 聖き子羊が
On Englands pleasant pastures seen!    この うるわしい 牧草地を 通られたのか。

And did the Countenance Divine,       あの 尊い お顔が
Shine forth upon our clouded hills?      雲に覆われた この丘で 輝いたのか。
And was Jerusalem builded here,      そして 建てられたのか、神の国が この地に。
Among these dark Satanic Mills?       この暗い 悪魔の工場群の中に。

Bring me my Bow of burning gold:       持ち来たれ、わが 燃ゆる 黄金の弓を ここに。
Bring me my Arrows of desire:         わが 望みの矢を ここに。
Bring me my Spear: O clouds unfold!     わが 槍を ここに。 ああ 雲よ、散り行け!
Bring me my Chariot of fire!           わが 炎の戦車を ここに。

I will not cease from Mental Fight,       止めはせぬ、わが心の闘いを。
Nor shall my Sword sleep in my hand,    眠らせてはおかぬ、わが手の中で この剣を。
Till we have built Jerusalem,           必ずや 打ち建てるのだ、神の国を
In Englands green and pleasant Land    この うるわしい 緑の地 イングランドに。


解説: ウィキペディア

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の選曲、いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                
----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  関連 CD/DVD 情報  】】】】

      ◆ アルバム名は、カスタマー・レビューの評価が高い順に並べています。
      ◆ アルバム名にカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ アルバム名をクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

 ▼ メリー・ホプキン の CD
   ◇ ベスト・オブ・メリー・ホプキン
   ◇ Those Were the Days
   ◇ Post Card
   ◇ The Early Songs
   ◇ 懐旧の映画音楽



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dogaeigo.blog118.fc2.com/tb.php/75-3882dff9

0件のトラックバック

4件のコメント

[C302] はじめまして

はじめまして~、eagleiと申します。
検索「聖歌 エルサレム」で飛んできました。
テレビでウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚式を観ていました。
二人が選んだ曲が歌われました。
その曲が、「聖歌 エルサレム」でした。
感動しました。
どのような曲かと知りたくて、このブログに巡り合えました。
再び聴くことができたし、歌詞も知りことができました。
ありがたいことです。
感謝申し上げます。

素敵なブログですね。
また、来させて頂きますね。

[C303] 素晴らしいです。

私は長年、この曲は映画「炎のランナー」のサントラかと思っていました。英国王室の結婚式中継でこの曲が流れてびっくりしました。ふたたび聞くことができ感謝します。
  • 2011-05-01
  • かいちゃん
  • URL
  • 編集

[C304] eaglei さん、かいちゃん、ようこそ ♪

テレビを見ないので、英国王室の結婚式のことは知らなかったのですが、
eaglei さんのブログの動画で見せていただいて、
なるほど、こういうものか…と思いました。
リンクもしていただき、ありがとうございます。

訳詞は、やや自分らしいものに変えてみました。
  • 2011-05-03
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C306] ウィリアム王子の結婚式で

YouTubuで見つけました。
ウィリアム王子の結婚式で歌われた「エルサレム」です。
ぜひ聴いてみて下さい。
もう、すでに観られたでしょうか?

URLをクリックしてください。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP: 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① 聞かせてよ、英語のお話・わらべ歌
ブログ② 心/身体/エコロジー
ブログ③ 歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

▼ もっと古い記事も表示

全ての記事を表示する

,

最近のコメント

FC2 counter