fc2ブログ

Entries

▼ 254. 【 国歌_南アジアの国々 】 ネパール /インド / パキスタン / スリランカ / ブータン / チベット / バングラデシュ

ふとしたことから世界の国歌に興味が湧き、あれこれと聴いてみました。
軍国主義的な曲調のものが多い中で、インドとその周辺の国々の国歌は
歌詞もメロディーも、そして動画の作り方も、美しく平和な感じがしました。
(歌詞の内容は、私には翻訳でしかわかりませんが…)


 ネパール国歌 『何百もの花束』  2007年制定
    作詞: ビャクル・マイラ / 作曲: アンバル・グルン
    和訳: ウィキペディア + ゆうこ

我らは 何百もの花から成る ひとつの花輪
東のメチから西のマハカリまでを覆いつくす ネパールの民
限りなく広がる大自然 数々の文化遺産
勇士らが 血を流して勝ち取った 自由と安定
知恵と平和の大地 平野 丘陵 高峰
分かたれることのない 愛おしい 我らの母なる国 ネパール
多様な民族 言語 宗教 文化を有する 偉大さ
先進的な 我らが国家 ネパールよ 永遠に


 インド国歌 『インドの朝』  1950年制定
    作詞作曲: ラビンドラナート・タゴール
    和訳: ウィキペディア + ゆうこ

 神こそは すべての民の 心の支配者
 インドの運命を 定めたまう

 ドラビダの民、ウトカラの民、ベンガルの民、パンジャブの民
 シンジャブの民、グジャラートの民、マハラーの民の心は
 神の御名によって目覚める

 神の御名は ヴィンドゥヤ山脈、ヒマラヤ山脈の峰々に こだまし
 ジャムナ川とガンジス川の調べに 融け合い
 インド洋の波の調べに 歌われる

 皆、神の恩恵を求めて祈り、賛美の歌を口すさむ
 人の救いは 神の手中にある
 インドの運命を定めたまう 神に勝利あれ!


 インド愛国歌 『母なる大地』  1950年制定
     作詞: Bankim Chandra Chatterjee / Anandamath
     作曲: Hemanta Mukherjee / Jadunath Bhattacharya
     英訳: Wikipedia

Mother, I praise thee!
Rich with thy hurrying streams,
bright with orchard gleams,
Cool with thy winds of delight,
Dark fields waving Mother of might,
Mother free.

Glory of moonlight dreams,
Over thy branches and lordly streams,
Clad in thy blossoming trees,
Mother, giver of ease
Laughing low and sweet!
Mother I kiss thy feet,
Speaker sweet and low!
Mother, to thee I praise thee.


 パキスタン国歌 『神聖なる大地に祝福あれ』  1954年制定
    作詞: Hafeez Jullundhri / 作曲: Ahmad G. Chagla
    和訳: ウィキペディア + ゆうこ

聖なる土地に 祝福あれ 肥沃な領土に 幸あれ
堅き意思のつどう土地よ 我がパキスタン
信仰の堅き砦に 祝福あれ

神聖なる土地の秩序は 皆の親交を深める
我が国よ 国家よ 国土よ 永遠に輝き続けよ
我らが大志への情熱に 祝福あれ

三日月と星の旗は 進歩と完成に 我らを導く
過去に学び 今に栄光をもたらし 未来を導く
全能の主の御加護の象徴する


 スリランカ国歌 『母なるスリランカ』  1951年制定
    作詞作曲: アーナンダ・サマラコーン
    和訳: ウィキペディア + ゆうこ

母なるスリランカ
我らがスリランカ 我らは君を讃える
あふれんばかりの豊かさ 愛に満ちた 優美な麗しき国よ
実り多き穀物 甘く熟した果物 色とりどりの花の香 漂う国
我が命と すべての良きことを捧げん
喜びと勝利の祖国よ 我らの賞賛の声を受けよ
ランカ! 我らは君を讃える


ブータン国歌 『雷龍の王国』 1953年制定
    作詞: Dasho Gyaldun Thinley / 作曲: Aku Tongmi
    和訳: ウィキペディア + ゆうこ

栴檀の木で荘厳されたドゥクの国土の内にまします
吉祥なる教えと政治 二規を守る保護者
宝なる支配者 ドゥク王よ
おん身 変わることなく壮健にして 国政が繁栄し
仏の説かれた法が 広まり 栄え
臣民の安楽という太陽が 輝きますように


 チベット国歌 『偉大なるチベット国の歌』  1950年制定
    作詞: Trijang Lobsang / 作曲: チベットの宗教音楽
    和訳: ウィキペディア + ゆうこ

輪廻・涅槃における平和と幸福へのあらゆる願いの宝蔵にして
願いを意のままに叶えることができる 宝石の如き仏陀の
教えの光明を輝かせよう

仏教と衆生の持宝たる大地を育み 守護する御法神よ
汝の徳の高い偉業の大海が広がり
金剛のように固く 慈悲をもって全てのものをお守り下さい

百の歓喜を備えた天授の法が,我々の頭上に留まり
四徳の力が増大し
チベットの三区全土が 幸福で円満な時代で満たされ
政教が盛行しますように

仏陀の教えが十方に広がることによって
世界中の全ての人々が平安を享受できますように

チベットの仏教と衆生の吉兆なる陽光と
十万に広がる吉兆なる光明の輝きが
邪悪な暗闇との戦いに勝利しますように


  (ご面倒ですが、この動画は ⇒ こちら でご覧ください)
  バングラデシュ国歌 『我が黄金のベンガルよ』  1971年制定
     作詞: ラビンドラナート・タゴール / 作曲: Gagan Harkara
         (歌詞は、ベンガルの大自然の美しさを讃嘆する内容です)









0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
◆ プロフィールは下記のHPに記載しています。
   HP: 絵本・翻訳・原始意識
ブログ①:昭和の洋楽
ブログ②:9孔尺八だ~い好き!
ブログ③:タブーの正体
ブログ④:心/身体/エコロジー
ブログ⑤:Inspiration Library

新着記事

▼ もっと古い記事も表示

全ての記事を表示する

,

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2 counter