Entries

▼ 15. 【 ダニーボーイ (1) 】  ジュディス・ダーラム / マイケル・ロンドラ / エヴァ・キャシディ / ジョン・マクダーモット / デクラン・ガルブレイス / ナナ・ムスクーリ / ポール・バイロム / トミー・エマニュエル

      ★ この曲は、気に入ったバージョンが増えてきたので、
        歌い方の雰囲気別に、3部に分けました。
        ダニーボーイ (2) と (3) は、下記のリンク先にあります。


         ▼ ダニーボーイ (2) 現代風
        アンディ・ウィリアムズ / ジュディ・ガーランド / ハリー・ベラフォンテ
        クリフ・リチャード / ヘルムート・ロッティ / 高橋元太郎
        ロジャー・ウィテカー / 岸 洋子 / マへリア・ジャクソン


         ▼ ダニーボーイ (3) 声楽風
        ディアナ・ダービン / キングズ・シンガーズ/ ジャッキー・エヴァンコ
        キリ・テ・カナワ / アンソニー・カーンズ / ヴォーカル・ポイント /佐藤しのぶ


Danny Boy  ダニーボーイ (1) 民謡風
     作詞: Frederick Weatherly フレデリック・ウェザーリー
       曲: アイルランド古謡


歌: Judith Durham ジュディス・ダーラム 1968年(25歳) 
              プロフィール① プロフィール②
語り: 「三人の息子を持った父親が、上の二人を戦争で亡くし、
     今また出征する末息子を見送る…という悲痛な気持ちを歌った歌です」



歌: Michael Londra マイケル・ロンドラ 2005年 プロフィール



歌とギター: Eva Cassidy エヴァ・キャシディ 1995年(32歳)頃  
                プロフィール① プロフィール②



歌: John McDermott ジョン・マクダーモット 2002年(47歳) プロフィール



歌: Declan Galbraith デクラン・ガルブレイス 2002年(10歳)  
            プロフィール ① プロフィール ②



歌 : Nana Mouskouri ナナ・ムスクーリ 1976年(42歳) プロフィール



歌: Paul Byrom  ポール・バイロム  2013年(34歳)頃 プロフィール



ギター: Tommy Emmanuel トミー・エマニュエル 1999年(44歳)
                     プロフィール


 訳詩は、1行ごとの意訳になっています。
   個々の英単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


【【【【 歌 詞 】】】】

Danny Boy              ダニーボーイ   (訳詞: ゆうこ)

O Danny boy,                  おお、ダニーよ 
the pipes, the pipes are calling      召集のバグパイプが呼んでいる
From glen to glen               谷から谷へ 
and down the mountainside        山の斜面を下りながら。
The summer's gone              夏は過ぎ去り 
and all the roses falling           バラも みんな 枯れ落ちる今
'Tis you, 'tis you must go .         おまえは出征し、
and I must bide                わたしは 見送らなければならない。

But come ye back               でも きっと帰ってくるんだよ 
when summer's in the meadow      牧場に 夏がくる時までには。
Or when the valley's             それが だめでも 谷が
hushed and white with snow        ひっそりと 雪に うずまる時までには。  
'Tis I'll be here                 それまで わたしはここで
in sunshine or in shadow          照る日も 曇る日も 
O Danny boy, O Danny boy,        おお ダニーよ
I love you so.                  いつも おまえのことを想っている。

But if ye come                  だけど おまえが帰ってきた時には 
and all the flowers are dying        すでに 花の季節は終わり、
If I am dead,                   わたしは もう この世に
as dead I well may be,            いないかもしれない。
You'll come and find              そしたら おまえは
the place where I am lying         わたしが眠っている場所を 見つけ出して
And kneel and say               ひざまづき
an "Ave" there for me.            祈りを捧げておくれ。

And I shall hear,                 わたしはおまえの
though soft, your tread above me     やさしい靴音を 地面の下で聞き
And all my grave                墓の冷たさが やわらいで
shall warmer, sweeter be          心が癒されるだろう。
For you will bend                だって おまえはきっと 身をかがめ
and tell me that you love me        愛の言葉を 言ってくれる。
And I will sleep in peace            だから わたしは 安らかに眠る。
until you come to me.             おまえが帰って来る その日まで。


ダニーボーイ   (訳詞: なかにし 礼)

 おお ダニーボーイ いとしき わが子よ いずこに 今日は眠る
 戦に 疲れた体を 休める すべはあるか
 お前に 心を痛めて 眠れぬ 夜を過ごす 老いたる この母の胸に 
 おお ダニーボーイ おお ダニーボーイ 帰れよ

 おお ダニーボーイ いとしき わが子よ たよりも すでに途絶え
 はるかな その地の はてにも 花咲く 春は くるか
 祖国に 命をあずけた おまえの 無事を祈る 老いたる この母の胸に
 おお ダニーボーイ おお ダニーボーイ 帰れよ


ロンドンデリーの歌   (日本語詞: 津川主一)

 わが児よ いとしの なれを 父君の 形見とし
 こころして いつくしみつ きょうまで 育てあげぬ
 ふるき家を 巣立ちして 今 はた なれは いずこ
 よわき母の 影さえも 雄々しき なれには 見えず

 はてしもなき 彼(か)の路の あなたに なれは ゆきぬ
 むなしき わが家を見れば 亡き 父君 おもわる
 足もとの 草むらより 立つは さえずる 雲雀
 あゝ 我れも 強く立ちて わが家の ほまれを守らん


◇ この曲について
   ・ ウィキペディア


----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の選曲、いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                
----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  関連 CD/DVD 情報  】】】】

      ◆ アルバム名にカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ アルバム名をクリックすると、詳細情報のページに移動します。
         (このページに戻るには、ブラウザの「戻る」をクリックしてください)

 ▼ ジュディス・ダーラム の CD
   ◇ Judith Durham & Hottest Band in Town
   ◇ Carnival of Hits
   ◇ The Very Best of the Seekers
   ◇ The Ultimate Collection
   ◇ All Bound for Morningtown: Their EMI Recordings (1964-1968)
   ◇ The Seekers Complete
   ◇ The Ultimate Collection
   ◇ Greatest Hits
   ◇ Ultimate Collection
   ◇ This Is the Seekers
   ◇ Night of Nights...Live!
   ◇ The Very Best of the Seekers
   ◇ Simply the Best
   ◇ Ideal
   ◇ A's, B's & EP's
   ◇ The Best of the Seekers Today
   ◇ Morningtown Ride to Christmas
   ◇ ザ・シックスティーズ

 ▼ マイケル・ロンドラ の CD
   ◇ Celt

 ▼ エヴァ・キャシディ の CD 
   ◇ Songbird (CD - 2006)
   ◇ Songbird (CD - 1998)
   ◇ Live at Blues Alley (CD - 1998)
   ◇ Live at Blues Alley (CD - 2006)
   ◇ Eva by Heart
   ◇ Time After Time
   ◇ No Boundaries
   ◇ Method Actor
   ◇ American Tune (CD - 2006)
   ◇ American Tune (CD - 2003)
   ◇ Imagine (CD - 2006)
   ◇ Imagine (CD - 2002)

 ▼ デクラン・ガルブレイス の CD
   ◇ Declan
   ◇ You & Me
   ◇ Love of My Life

 ▼ ナナ・ムスクーリ の CD
   ◇ ある恋の物語
   ◇ アメイジング!~アメイジング・グレイス
   ◇ 私の好きなボレロ
   ◇ ナナ・ムスクーリ全集~アマポーラ
   ◇ 聖しこの夜~オンリ-・ラヴ・クリスマス
   ◇ Only Love: The Best of Nana
   ◇ The Romance of Nana Mouskouri
   ◇ Vielles Chansons de France
   ◇ Ma Verite
   ◇ An Evening with Belafonte / Mouskouri
   ◇ Passport
   ◇ Nana Mouskouri: Classical
   ◇ Songs of the British Isles
   ◇ THE BEST 1200 ナナ・ムスクーリ
   ◇ クラシカル・ビューティー

 ▼ トミー・エマニュエル の DVD
   ◇ Center Stage (Ac3 Dol) [DVD] [Import]
   ◇ Live at Her Majesty's Theatre (Dol Dts) [DVD] [Import]
   ◇ Emmanuel Labor [DVD] [Import]
   ◇ Live at Sheldon Concert Hall [DVD] [Import]
   ◇ Tommy Emmanuel: Up Close [DVD] [Import]
   ◇ Tommy Emmanuel: Guitar Talk [DVD] [Import]

 ▼ トミー・エマニュエル の CD
   ◇ Only
   ◇ Endless Road
   ◇ The Mystery
   ◇ Center Stage
   ◇ Live One
   ◇ Classical Gas
   ◇ Happy Hour [オーストラリア盤]
   ◇ Vol. 11-Just Between Frets-Groovemasters
   ◇ Cant Get Enough
   ◇ Determination
   ◇ Two Originals .The Journey/Classical Gas
   ◇ Terra Firma/Determination [オーストラリア盤]

 ▼ イギリス/アイルランド民謡 の CD
   ◇ アーニー・ローリー イギリス民謡集
   ◇ 深い森のケルト
   ◇ 魂の響き ~ ケルトの音楽
   ◇ ベスト・オブ・ケルティック・ミュージック
   ◇ 世界のうた
   ◇ 鮫島有美子 「ディスカヴァー2000」(9) 庭の千草~イギリス民謡集
   ◇ あの頃のクラシック3 埴生の宿~モスクワ郊外の夕べ/世界の名歌集



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dogaeigo.blog118.fc2.com/tb.php/16-9ad8da59

0件のトラックバック

5件のコメント

[C87] 染みました。

Michael LondraさんのDanny Boy。
心に染みました。
ぜひ、日記でご紹介させて下さい。

[C88] あいさん、ようこそ。

マイケル・ロンドラは、じみだけど、
繰り返し聴いていると、その良さがじんわりと染み込んできますよね。
紹介はご自由にどうぞ。
  • 2008-09-15
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C89] ありがとうございます。

私には、一発目から切なく、そしてストレートに響きました。
ゆうこさんの訳詩が、その意味をますます増して響きました。

で、単語を見ていくうちにもっともっと染みました。
マイケル・ロンドラさんは存じ上げなかったのですが、どの方よりもその心情が伝わってくる感じで。

いい歌と歌手のかたを、訳詩とともに取り上げてくださってありがとうございます。
訳がとてもいいと感じているので、リンク貼らせていただきます。

また他の曲も、詩とともに拝聴しに来させてくださいね。
ありがとうございました。

[C90] ありがとうございます

リンクと支持のお言葉、ありがとうございます。
とても励みになります。
ところで、マイケル・ロンドラのライブ映像が▼こちらにあるのをご存知ですか?
    http://www.michaellondra.com/music.html
写真の下の 「Video Introduction」 という文字列をクリックすると
Medua Player が立ち上がり、歌とアイリッシュ・ダンスが見られます。
  • 2008-09-16
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C91] こんばんは。

ありがとうございます^^
今日、やっとゆっくりと全部拝見しましたー☆

クリスマス時期に来日されるスラヴァさんのCMを耳にして、今日日記にアップしたところなのですが、
ふとそういえば、と思い出して今日来てみたらまたトップ記事(69番)にマイケル・ロンドラさんのご紹介。
ちょっとびっくりしました^^;

スローで悲しい曲だけでなく、アップテンポな曲も歌われているのですね^^
スローな曲が今は心に染みるようです^^
URLご紹介も、ありがとうございました :D
  • 2008-10-04
  • あい
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP: 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① 聞かせてよ、英語のお話・わらべ歌
ブログ② 心/身体/エコロジー
ブログ③ 歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

▼ もっと古い記事も表示

全ての記事を表示する

,

最近のコメント

FC2 counter