fc2ブログ

Entries

▼ 127. 【 朝日のあたる家 (1) 】  ウディ・ガスリー / リビー・ホルマン / レッドベリー /デイヴ・ヴァン・ロンク / ロニー・ギルバート/ ピート・シーガー / ミリアム・マケバ / ボブ・ディラン

      ★ この曲は、気に入ったバージョンが多数あったので、3部に分けました。
        朝日のあたる家 (2) と (3) は、下記のリンク先にあります。


         ▼ 朝日のあたる家 (2)
        ジョーン・バエズ / アニマルズ / メリー・ホプキン / ドリー・パートン
        ニーナ・シモン / B.B.キング / メアリー・トラヴァース / トミー・エマニュエル


         ▼ 朝日のあたる家 (3)
        ザ・ピーナッツ / 浅川マキ / ちあきなおみ / 浜田真理子
        岸洋子 / 森進一 / 内田裕也 / キャンディーズ


アメリカ古謡
The House Of The Rising Sun  朝日のあたる家 (朝日楼) (1)


歌: Woody Guthrie ウディ・ガスリー 1941年(29歳) プロフィール



歌: Libby Holman リビー・ホルマン 1942年(38歳) プロフィール


歌: Leadbelly レッドベリー 1948年(39歳) プロフィール


  歌:Ronnie Gilbert ロニー・ギルバート 1958年(32歳)頃? プロフィール
ギター:Fred Hellerman フレッド・ヘルマン     (31歳)頃? プロフィール
    Erik Darling  エリック・ダーリン     (25歳)頃? プロフィール


歌: Pete Seeger ピート・シーガー 1961年(42歳) プロフィール


歌:  Miriam Makeba ミリアム・マケバ 1960年(28歳) プロフィール


歌:Dave Van Ronk デイヴ・ヴァン・ロンク 1964年(28歳) プロフィール
  (ボブ・ディランは、この曲の存在とアレンジ法をこの人から教わった)


歌: Bob Dylan ボブ・ディラン 1962 年(21歳) プロフィール


 訳詩は、1行ごとの意訳になっています。
  個々の英単語の意味を手軽に知りたい場合は こちら をクリックしてください。
  単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


【【【【 歌 詞 】】】】

The House Of The Rising Sun   朝日楼   (訳詞: ゆうこ)
------------------------------------
◇ アニマルズのバージョン
------------------------------------
There is a house in New Orleans         ニューオーリンズにある 一戸の館
They call the Rising Sun              朝日楼という名の その館で
And it's been the ruin                大勢の 貧しい若者が
of many a young poor boy             身を持ち崩した
And, God, I know I'm one              そうさ おいらもその一人

My mother was a tailor               仕立て屋だった お袋は
Sewed my new blue jeans             新しい ブルージーンズを 作ってくれた
My father was a gamblin' man           親父はと言えば
Down in New Orleans                ニューオーリンズの ばくち打ち

Now the only thing a gambler needs      ばくち打ちに 必要な物は
Is a suitcase and a trunk              ただ スーツケースとトランクが 一つずつ
And the only time he's satisfied          ばくち打ちが 機嫌がいいのは
Is when he's on a drunk               酔っぱらっている時だけさ

Oh, Mother, tell your children           ああ母さん、あんたの子供らに言ってくれ
Not to do what I have done             けっして 馬鹿な おいらのように
Spend your lives in sin and misery        堕落と破滅の人生を
In the House of the Rising Sun          朝日楼で 送るなと

I got one foot on the platform           片足をプラットホームに
And the other foot on the train           もう一方の足を汽車に乗せ
I'm going back to New Orleans          おいらは ニューオーリンズに戻ろうとしてる
To wear that ball and chain             あの足枷に また縛られるために

Well there is a house in New Orleans      ニューオーリンズにある 一戸の館
They call the Rising Sun              朝日楼という名の その館で
And it's been the ruin                大勢の 貧しい若者が
of many a young poor boy             身を持ち崩した
And, God, I know I'm one              そうさ おいらもその一人

------------------------------------------
◇ ドリー・パートンのバージョン
------------------------------------------
There is a house in New Orleans         その館があるのは ニューオーリンズの
Down in the Vieux Carre              ヴュー・カレの街
A house they call the Rising Sun         朝日楼という名の その館では
Where love and money are made        春を売る 商いをしてる

My daddy he was a gambler            あたしの父さんは ばくち打ち
Mama died when I was young           母さんは あたしがまだ子供の頃亡くなって
And I've worked since then             そのときから あたしは 働いてきた
To please the men                  男たちを 歓ばすために
At the house of the Rising Sun          あの朝日楼で

There is a house in New Orleans         ニューオーリンズにある 一戸の館
They call the Rising Sun              朝日楼という名の その館で
It's been the ruin of many a poor girl      大勢の 哀れな娘たちが ボロボロになった
And lord, you know I'm one            そうさ あたしもその一人

So mothers, you go tell all your daughters   世の中の母さんたち、自分の娘に教えてよ
Not to do what I have done             けっして あたしのように
To spend a life of sin, shame and strife     汚れと 辱めと 争いに まみれた 人生を
At the house of the Rising Sun           朝日楼で 送らせないで

There is a house in New Orleans         ニューオーリンズにある 一戸の館
They call the Rising Sun              朝日楼という名の その館で
It's been the ruin of many a good girl      大勢の 無垢な娘たちが ボロボロになった
And lord, you know I'm one            そうさ あたしもその一人
Oh lord, you know I'm one             そうさ あたしもその一人

◇ Wikipedia によると、この歌の主人公と Rising Sun という建物については
  諸説があるようです。
   (1) 主人公は娼婦。建物は娼館
   (2) 主人公は娼婦。建物は、梅毒にかかった娼婦が治療を受けるあいだ拘留された所
   (3) 主人公は女囚 (賭博者で呑んだくれの父親を殺した娘)。建物は刑務所
   (4) 主人公は、父親と同じく賭博者。建物は賭博場

   上記の歌詞の場合、アニマルズ版は (4)、ドリー・パートン版は (1)、
   と考えれば つじつまが合いそうですね。

◇ この曲について
   ・ 朝日のあたる家 (ウィキペディア)
   ・ 朝日のあたる家 (二木紘三のうた物語)
   ・ ボブ・ディランの「朝日のあたる家」を聴いたことがありますか

------------------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の選曲と訳詞、いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
               どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                  
------------------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  関連 CD/DVD 情報  】】】】

      ◆ アルバム名にカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ アルバム名をクリックすると、詳細情報のページに移動します。
         (このページに戻るには、ブラウザの「戻る」をクリックしてください)

 ▼ ウディ・ガスリー の CD
   ◇ The Ultimate Collection
   ◇ Dust Bowl Ballads
   ◇ My Dusty Road
   ◇ The Asch Recordings, Vol. 1-4
   ◇ Original Folk: Best of
   ◇ Folkways Woody Guthrie Tribute
   ◇ woody guthrie
   ◇ Woody Guthrie Sings Folk Songs
   ◇ Tribute to Woody Guthrie
   ◇ Bob Dylan's Woody Guthrie Sele
   ◇ Musical Grandfather & Father of Bob Dylan
   ◇ Woody Guthrie Meets Pete Seeger
   ◇ Woody Guthrie: Hard Travelin'

 ▼ ピート・シーガー の DVD
   ◇ ROCKPEDIA ルーツを探る ボブ・ディラン 音の絆 [DVD]
   ◇ Pete Seeger: The Power of Song (Ws Sub) [DVD] [Import]
   ◇ Live in Australia 1963 (Full B&W) [DVD] [Import]
   ◇ Internationale (Ws B&W Col) [DVD] [Import]
   ◇ Peace [DVD] [Import]
   ◇ Down the Tracks: Music That Inlfuenced Bob Dylan [DVD] [Import]
   ◇ How to Play 5-String Banjo [DVD] [Import]

 ▼ ピート・シーガー の CD
   ◇ 花はどこへ行った ~ ソングス・オブ・ピート・シーガー
   ◇ Clearwater Classics
   ◇ Pete Seeger's Greatest Hits
   ◇ Stories and Songs for Little Children
   ◇ American Favorite Ballads 1
   ◇ エッセンシャル・ピート・シーガー
   ◇ Children's Concert at Town Hall
   ◇ At 89
   ◇ イフ・アイ・ハッド・ア・ハンマー(天使のハンマー):1944-1950
   ◇ ザ・シー、ザ・ソイル・アンド・ザ・ストラッグル
   ◇ ニューポート・ブロードサイド/ニューポート・フォーク・フェスティヴァル63

 ▼ ロニー・ギルバート の DVD
   ◇ Pete Seeger: The Power of Song [DVD] [Import]

 ▼ ロニー・ギルバート の CD
   ◇ Train Still Runs
   ◇ Woody Guthrie: Hard Travelin'

 ▼ デイヴ・ヴァン・ロンク の DVD
   ◇ Dave Van Ronk: Folk Blues & Ragtime [DVD] [Import]
   ◇ In Concert at the Bottom Line: June 2 2001 [DVD] [Import]
   ◇ Memories: In Concert 1980 [DVD] [Import]

 ▼ デイヴ・ヴァン・ロンク の CD
   ◇ Going Back to Brooklyn
   ◇ Dave Van Ronk: The Folkways Years, 1959-1961
   ◇ Two Sides of Dave Van Ronk
   ◇ On Air
   ◇ Live At Sir George Williams University
   ◇ Sweet & Lowdown
   ◇ Dave Van Ronk Sings
   ◇ Mayor of Macdougal Street: Rarities 1957-69
   ◇ Ballads Blues & a Spiritual
   ◇ & The Tin Pan Bended & The Story Ended
   ◇ サムバディ・エルス、ノット・ミー
   ◇ The Ballad of Ramblin' Jack




4件のコメント

[C200] 強烈な歌ですね

ライジング サンとかで前向きな歌かなと勘違いしてました。女性バージョンは恨み節そのものですね。ちあき なおみ なつかしいです。歌詞の意味はわからなかったけどアニマルズの朝日のあたる家は何故か心に響く歌でした。ありがとう。

[C207]

朝日のあたる家、アニマルズということだけは覚えていました。忘れられませんでした。海外に住んでいて、このメロディが頭から離れないので、ネットで聞きたくてたどり着きました。こんな、内容の詩だと、初めて知りました。日本にいたら、忙しくて、ゆっくりとその詩を味わう暇もなかったでしょう。

[C208] くっきーさん、ようこそ ♪

この曲はメロディーが強烈だから、一度聴くと頭に残りますよね。
わたしも最近はこの曲がいつも頭の中で鳴っています。
  • 2009-09-09
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C260] はじめまして

ブログ記事にリンクさせてもらいました。
トラックバックの仕方が分かりませんでしたので、コメントでお知らせします。
URLは、 http://blog.goo.ne.jp/nrn54484
です。
  • 2010-03-28
  • 忠太
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
◆ プロフィールは下記のHPに記載しています。
   HP: 絵本・翻訳・原始意識
ブログ①:昭和の洋楽
ブログ②:9孔尺八だ~い好き!
ブログ③:タブーの正体
ブログ④:心/身体/エコロジー
ブログ⑤:Inspiration Library

新着記事

▼ もっと古い記事も表示

全ての記事を表示する

,

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2 counter